ダイソーの550円コーヒーミルを試してみた

ライフログ

仕事の前にコーヒー豆から挽いて、本格的なコーヒーを淹れて楽しもう

きっと心に余裕が持てるはずだ!(病んでる)

そんな思い付きからコーヒーミルを探してみました。

過去にエスプレッソマシン(1万円弱)を買ったものの、巨大なオブジェ化した経験があるので、またすぐに飽きる可能性があるのでちょっと手が出せず。

しかし、100均のダイソーさんのコーヒーミル550円(税込み)という超お得品があることを知り、勢いで買ってしまいました!

もし、「自分でコーヒー豆から挽いてみたい!」「自分も気になっていたけどどうなの?」という方の参考になれば幸いです。

こんな人におすすめ

・自分でコーヒー豆から挽いてみたい人

・まずは安いもので試したい人

・お手入れとか面倒ごとが苦手な人

パッケージと商品はこんな感じ

本体重量はxxxgです。

ちなみに本格的なコーヒーミルはxxxgくらいのため、若干重いかもしれません。

ただ、自宅で使う分にはさほど気にはならない重さですね

1度にコーヒー2杯分まで挽くことが可能

このコーヒーミルは1度に2杯分までコーヒー豆を挽くことが可能になってます。

挽いたコーヒー豆が溜まるガラス容器の部分は80g程度入りますので、10杯分くらいまではストックできるようです。まあそんなに挽くのは・・・

挽き加減は5段階まで調整可能!

粒度は5段階調整ができてダイヤル式で変更ができるようになっています。

初心者はまず「中細挽き」でいいと思います。

ちなみに、ダイヤルごとの粒度は箱に記載してあります。

 

 

実際にコーヒー豆から挽いてみた!

カルディコーヒー

今回は「マイルドカルディ」というコーヒー豆を200g購入しました。

コーヒー豆を購入するのはアラフォーにて初経験なので、少し緊張しました。

某コーヒーショップのような呪文は必要なく、「マイルドカルディを豆で200gお願いします」で大丈夫でした!

 

コーヒーを挽いてみた

さっそく購入してきたコーヒー豆を1杯分(10g)投入します。

若干、入れずらいです・・・

豆の挽き方を5段階選べます。

ドリップコーヒーは中細挽きなので真ん中に合わせます。

 

コーヒー豆を投入して蓋を閉めたらコーヒー豆を挽く準備が完了

ハンドルを回して豆を挽きます

こんな感じで溜まりました

 

ドリップするよ

ニトリで現品限りで割引していたので、衝動買いしたホーローコーヒーポットです。

ドリップポットも欲しかったですが、あえておしゃれなのを買ってみました。

ドリップポットがない人は、普通のやかんでOKですよ。

ドリッパーはダイソーで折りたたみ可能なものを買いました。

あえて折り畳みにしたのは、キャンプにの時にも使いたいと思いこれを購入しました。

なんやかんやあってドリップ完了!

 

550円コーヒーミルで挽いたコーヒーの感想

インスタントコーヒーと違って、自分で豆を挽いて、ドリップするので、その分手間がかかります。

でも、その豆を挽いている時間、瞑想しているみたいで良かったです。コーヒー瞑想的な。

 

掃除は水洗いでOK

おいしいコーヒーを楽しみ終えたら片付けも重要です。

本格的なコーヒーミルは、(1,000円とかする)専用のブラシで掃除するらしいです。

しかし、 ダイソーのコーヒーミルは、水洗いがOKなんです

なので、ダイヤルを粗挽きに合わせた状態で水洗いして、これでしっかり乾燥させれば終わりです!

 

メリットとデメリット

メリット

  • 550円という圧倒的コスパの良さ
  • 5段階調整ができるので色々な挽き方が楽しめる
  • 水洗いできる

 

デメリット

  • ガラス製なので若干重い
  • ハンドルが短いので回すのが疲れる
  • コーヒー豆を入れる部分の口が狭い

 

まとめ

初心者、これから始めたい人にはダイソーのコーヒーミルから始めるのがオススメです!

耐久性はまだわかりませんが、コーヒーミルは消耗品です。

ミルの歯が消耗したら「もう一度同じのを買おうか?それともステップアップして本格的なコーヒーミルを買おうかな?」を考えれば良いかなと思います。

それでは、また。