YesとNoだけのシンプルな意思決定法!『1分間意思決定〜決断力がみにつくたった1つのルール〜』

読書

わたしは意思決定が遅いし、優柔不断だ。あげくに自分の決定に後悔することもしばしば。

ある人から聞いた話なのだが、コンサルタントなどに最も必要なことは「素早い決断」だと聞いた。トップビジネスパーソンに意思決定能力は必要だということがわかった。

そんな時に見つけたのが『1分間意思決定』でした。

この書籍は『1分間マネジャー』『1分間リーダシップ』の「1分間」シリーズの1つである。

実はマネジャーやリーダーシップは取り上げられることは多いが、意思決定はあまり聞いたことがない人が多いかもしれない。

こんな人に読んで欲しい

  • 決断力を身につけたい
  • 的確な意思決定を行いたい
  • しかもスピーディーに

ビジネスの現場だけでなく、日常のあらゆる場面で意思決定を行なっている。

そして、意思決定については、より早く、より正確な意思決定を行うことが日増しに強く求められている。

決めることに対して多くの人がストレスを溜め込み、自信をなくしている人は少なくないはず。

そして、一度自信を失い、優柔不断におちいれば、さらにストレスを溜め込み、自信をなくす。

これでは負のスパイラルだ。

そんな人に是非読んでいただきたい。

よい意思決定をするにはやめること

「的確な意思決定をするためには、まず、よくない意思決定をもとにしていることをやめること」(P8)

よくないとわかっていても続けてしまうことってありますよね。
だらだらネットサーフィンとか、甘いお菓子を食べ続けてしまうとか。

「資格勉強をしたい!」「ダイエットをしたい!」と思っていても、「ネットサーフィン」や「甘いお菓子を食べ続ける」ことをやめないといけませんよね。

続ける習慣ややめる習慣でも書きましたが、人は変化することは大キライだ。
いままで慣れひたしんだことを続けたい。

これと同じですね。

よい意思決定を行いたければ、よくない意思決定を元にしていることはやめる

2つの問いを自問することでよい意思決定ができる

よい意思決定をするには、「実際的な問い(頭を働かせる問い)」と「内面的な問い(心を見つめるための問い)」の2つの問い。

そして、問いには「イエスかノー」ので答えるシンプルな方法。

 

頭を働かせる3つの問い

  1. 本当に必要なことに応えているか
  2. 選択肢がわかっているか
  3. 考え抜いているか

 

本当に必要なことが何かを考えるには、『ただ自分が望んでいることなのか、それとも本当に必要なことなのか?』を自分に問う。

大事なのは本当に必要なことに焦点を絞ること。
それから望むことができる。

ここが最も大切な部分だ。

心をみつめるための3つの問い

  1. 自分に正直になっているか
  2. 直感を信じているか
  3. 自分の価値を信じているか

この中で「自分の価値を信じているか」が一番難しいと思う。

何を信じているかを知るには、自分の行動を振り返ってみる。

もし、それでもわからない場合は、以下のような本を参考にしてみるといい。

イエスかノーかのシンプルな問い

紹介した通り、1分間意思決定は、6つの問いに対して「イエス、ノー」で答えるだけのシンプルな方法だ。

『イエス』なら実行する。
『ノー』ならもう一度考え直す。

例えば「今からブログを書くべきか?」と言う問題があったとする。

これに「イエス」と即答できるなら、後悔することもない。

しかし、すぐに「イエス」が出てこなかったら、「ノー」と思っている自分がいる。

きっと、「今日は体調が悪いから早く寝たほうが良い」「洗い物が溜まっているからやらないといけない」「ゲームしたい」「お酒飲みたい」などあるはずです。

この時、「本当に重要なこと」なのか「自分が望んでいること」なのかを考え抜くことです。
「ゲームしたい」「お酒飲みたい」は明らかに自分が望んでいることですよね。

体調や家事に関しているので、一見すると全て重要そうです。
この場合は、「どれがもっとも重要か」を考える。

些細なことでも、Yes or Noの意思決定を繰り返し、的確な意思決定ができるようになりましょう。

今回紹介した書籍