知識ゼロからWebサイト制作が学べる入門書『1冊ですべて身につくHTML&CSSとWebデザイン入門講座/Mana』を一通り実行してみました

ITライフハック

お疲れさまです。

最近はExcelとPowerPointがお友達になっているshota( @shota_v0 )です。

元々は設計したり、プログラム書いたりしていて、バリバリのエンジニアしてたんですけど、最近というか4年くらい気づいたらマネジメント作業ばかりです。

会社は順調に成長しているけど、個人としては停滞している状態です。

shota
会社に言うと面倒なことしか起きないのは目に見えているし、会社を追い出されてもスキルアップしようかな。(まあ追い出されることはないけど給与は・・・)

なんて思っていたことと

shota
いつもお世話になっている美容師さんが「独立したらホームページを作って欲しい」ってお願いされたことがあったな・・・。

当時はスキルがなかったので曖昧にしちゃったけど、もしまたお願いされたら制作して恩返しがしたい!

ということを思い出して、Webサイト制作の学習を始めることにしました!

まずは入門書から始めようと思い、ネットで色々と調べたり、書店で実際に色々な書籍を見た結果、 Webクリエーターボックス の 中の人である Mana氏の著書 『 1冊ですべて身につくHTML&CSSとWebデザイン入門講座 』を購入して、一通り学習が完了しましたので紹介します。

この書籍を選んだ3つのポイント

HTMLは業務で運用保守しているシステムで見ているので読めるけど書けないレベル。

CSSに至っては素人同然です。

そのため、次のポイントを満たしていたこちらの書籍を選びました

選んだ3つのポイント
  • 知識ゼロからでも大丈夫
  • 手を動かしながら学べる
  • できるだけ最近発売されていること

Webサイト制作だけではありませんが、やはり実際に手を動かすのが一番効率よく身につける方法と思っています。

出来るだけ最近発売されているのを選んだ理由は、IT業界は技術変化のスピードが早いので、古い書籍だと最新の技術が学べない可能性があります。

とくにWebサイトは、最新の技術を使ってナンボです。

スマホ主流の今はレスポンシブ対応は必須ですし、 flexbox や grid も大事です。

単語は知ってましたが、正直これらが何のことかは知らなかったので、今回学べてよかったポイントの1つですwww

実際に学んでみた感想

「1冊ですべて身につく」と銘打っているだけあって、実際に使用頻度の高そうなHTMLのタグ、CSSのコードが網羅されていると感じました。

また、作成していくデモサイトは、レスポンシブに対応させたり、1カラムページ、2カラムページ、タイル型など、最近のWebサイトで主流な作りが学べます。

飽き性な自分でも、最後までモチベーションを保ちながら最後まで終えることができました!

↓完成するページのイメージです

 

メリットとデメリット

メリット

メリット
  • Webページを作ったことがない人でもスムーズに作りながら学べる
  • 新しい技術に対応していること
  • 実際のWebサイト制作の流れが紹介されているのでイメージが湧きやすい

テキスト通りに打ち込んでいくと、綺麗なサイトができます。

Webサイト制作について、企画から公開までにどういう作業があるのか、Webデザイナーさんたちがどういうツールを使っているのかといった情報も掲載されていてすごく参考になりました。

スマホ主流の今はレスポンシブ対応は必須ですし、 flexbox や grid といった新しい技術も載っているので非常に良いところですね。

 

デメリット

デメリット
  • 書いてあることを打つだけなので単調になりがち
  • JavaScriptやJQueryなど他の技術を別に学ぶ必要がある

個人的にはChapterの終わりに、”チャレンジ問題”みたいのがあったら嬉しかったかなと。

書いてあることを打ち込んでいるだけだと、単調になりがちです。

”考える”機会があると、より理解度が深まりますからね。

 

もう一つのデメリットとして、この書籍だけではまだまだスキルが足りないということ。

もし、Webサイト制作をしようと思うと、他にも JavaScript , JQuery といったスキルが必要です。

無論、Webデザインの勉強も・・・。

 

お仕事によっては、 HTML や CSS だけでも可能な場合はありますが、 JavaScript や JQuery ができたほうが選択肢も広がるし、より楽しくなるのは間違いないですね。

もし、キャリアチェンジ、副業、フリーランス (独立) を考えているようであれば、Webサイト制作の入門としてはこちらで学習した後に、JavaScript , JQuery など他のスキルを付けると良いと思います。

2,500円分の元は十分取れる!

コンピューターの技術書としては平均的な値段の2,500円。入門書としては妥当です。むしろ最初の一歩としては内容から考えても安いと思います。

コンピューターの技術書は、入門でも2,000円以上します。

時々、2,000円未満の入門書もありますが、内容が薄すぎて場合もあります。

 

また初版が2019年なので、技術も新しい技術(レスポンシブ , flexbox , grid など)がしっかり網羅されています。

最新の技術を網羅できているかが、スキルを学ぶ上では非常に大切です。

こんな人にオススメしたい

  • Webサイトを作りたいけど何から手を付ければいいかわからない人
  • Webサイト制作を本職または副業として始めたい人
  • 他のHTML&CSSの入門書で挫折してしまった人

 

これからWebサイト制作に関わりたいにはオススメです!

 

一番オトクに買う方法

もし楽天カードをまだ持っていないのであれば、楽天カード新規入会&利用するとオトクに購入ができます。

楽天カード新規入会と利用することで、”7,000ポイント”がプレゼントされるので、そのポイントを使うことでオトクに購入することが可能なんです。

書籍代2,480円(税込)に対して、楽天カード新規入会と利用することで、”7,000ポイント”がプレゼントされるので、そのポイントを使うことで非常にオトクなんです!

この書籍の次に JavaScript , JQuery の書籍を買うにもポイントで購入が可能という2度美味しい!!

▼楽天カードの新規入会はこちらから

 

念の為、Amazonと楽天市場へのリンクも貼っておきますね。

created by Rinker
¥2,486 (2020/07/16 02:50:14時点 楽天市場調べ-詳細)