ワインの評価基準について

個人の独断と偏見の評価になっていますので、
世間の評価とはズレがあるかもしれませんが、
あなたのワイン選びの参考になれば幸せです。

 

飲むワインの傾向

最近は色々なワインを飲みますが、
以下のようなタイプのワインが好きです。

・赤ワインの方が好き

・辛口の方が好み

・重めの方がいい

・品種だとシラー(シラーズ)が好きだと思う

 

購入するワインの価格帯

購入するワインは店によって若干値段が前後しますが、
1,000〜2,000円の価格帯のワインを飲むことが多いですね。

いわゆる

テーブルワイン

と呼ばれる価格帯です。

ボジョレーヌーボーとか、
時々それより少し高いワインを購入する時もありますし、
500円くらいのチリワインも買ったりします。

なお、各記事には備忘と自分で購入する時も考えて、
楽天へのリンクが貼ってあります。

 

ワインの評価

評価は封を切った日時点の飲んだ評価になります。

また、赤ワイン、白ワイン共に冷やした状態から飲み始めて、
だいたい2時間後くらいまで飲んだ味の評価になります。

★★★★★:何度でも飲みたい(神ワイン)

★★★★☆:また飲みたい(至高のワイン)

★★★☆☆:美味しい(業物ワイン)

★★☆☆☆:可もなく不可もなく

★☆☆☆☆:もう飲まないであろう

☆☆☆☆☆:記憶から抹消しました

つまみの相性評価

★★★★★:最高に合う!

★★★★☆:これなら合わせてもいい!

★★★☆☆:可もなく不可もなし

★★☆☆☆:悪くはないけど次の時は悩む

★☆☆☆☆:もう一緒には無理

☆☆☆☆☆:記憶から抹消したい