ServiceNow インスタンスを日本語表示にする方法

ServiceNow

お疲れさまです

 

今日はServiceNowインスタンスの表示を、
日本語で表示する方法についてまとめてみました

 

こんな人におすすめ
・ServiceNowインスタンス作ったけど英語でわからない
・ServiceNowのインスタンスを日本語表示したい

 

 

日本語化プラグインをインストール

まずは自分のインスタンスにログインしましょう。

インスタンスにログイン後、
左ペインにあるFilter Navigator(ファネルマーク)ありますよね?

 

そこに「Plugin」と入力します。

 

するとすぐ下のappliication navigatorに、
「Plugin」が出てきますよね?

そこをクリックしましょう。

 

すると右ペイン(コンテンツフレーム)に
プラグインページが表示されます。

虫眼鏡があることを確認してください。

 

そこに「*Japanese」と入力すると
該当するプラグインを表示してくれます

 

I18N:Japanese Translations

というプラグインが表示されるので

Installボタンをクリックしてください。

 

ポップアップでActivate Pluginというのが出ますので、
Activateボタンをクリックしましょ。

 

すると処理が始まるのでしばらく待ちます

そこそこ時間がかかります。

たぶん20分くらい、長いと1時間とか。

 

Activationが全く進まなくなる事象がたまにおきるみたいです。
1時間以上してもActivationの進捗が変わらない場合は、
画面をリロードしてみましょう。
インストールが終わっている可能性があります。

 

終わったらClose&Reload Formをクリックします。

 

これでPluginのインストール&有効化が完了です

次は実際日本語で表示する設定をすれば完了です!

 

インスタンスを日本語表示に変更する

無事に日本語化プラグインがインストール終わったら、
あとは日本語表示への変更のみです。

2つほど注意点があるのでそれは後から出てきます

 

日本語表示化自体は非常に簡単にできます

 

まずバーナーフレームにある歯車マークをクリックします

 

System Settingsが表示されるので、
Generalになっていることを確認して、
Languageを探しましょう

あとは▼をクリックして
Japaneseを選択すれば勝手に画面Reloadが始まります。

 

画面が再読み込みされて・・・

 

 

はい、ここで注意点1です。

Pluginインストール直後に日本語表示に変更しても、
表示は日本語にならない。
反映されるまでに多少時間がかかる。

ということです。

なので、
インストール直後に日本語表示されなくても、
焦らずしばらくしてから確認しましょ。

 

しばらくすると無事に日本語で表示されます!

 

次に注意点2ですが

表示言語はユーザー単位で設定される

ということです。

システム管理者でインストール、
表示言語を変更しても他のユーザーは英語表示のままです。

なので、各ユーザーが必要に応じて言語を変更してくださいね。

 

まとめ

今回はServiceNow インスタンスの日本語表示にする方法を書きました

まとめると以下になります。

・Pluginから「I18N:Japanese Translations」をインストール
・設定画面からlanguageをJapaneseに変更
・インストール直後は適用に時間がかかる
・ユーザー単位で表示言語設定する必要あり

 

一応、表示は日本語にできますが、
日本語表記に違和感があったり、
日本語されていないところがあります。

いまとのころ、
基本的には英語の状態で作業するのが無難そうです。

 

最後までお付き合いいただきありがとうございました。

それでは、また!