第4回:MOSじゃ教えてくれないEXCELショートカットキー講座 行列削除

Excelハック

こんばんは

前回は行列追加のショートカットについてでした。
第3回:MOSじゃ教えてくれないEXCELショートカットキー講座 行列追加

今回は行列削除についてです。

まずコマンドから。
「Ctrl」+「-」※「-」はテンキーでもOKです。

実際に入力すると追加と同じく以下のポップアップが表示されます。
cell_delete

あ、前回削除を貼ってましたね。直しておきました。

削除も追加と同様に行全体、列全体を選択することで、一括で削除することが可能です。
まずは行の削除から。
「Shift」+「Space」を入力しましょう。
cell_delete_01

行全体が選択されましたか?
日付が出てたという人は日本語入力がONになっているので、キーボード左上の「半角/全角」ボタンなどで切り替えましょう。
次に行を削除しましょう。
「Ctrl」+「-」
cell_delete_01

はい、削除されましたね。

では、次に列の削除を行ってみます。
削除したい列を選択しましょう。画像は1行目C列を選択しています。

次に列全体を選択します。
「Ctrl」+「Shift」

cell_insert_05

列全体が選択されましたか?

次に列の削除をしましょう。
「Ctrl」+「-」
cell_delete_02

削除されましたでしょうか?

これで行と列の削除をショートカットキーでできるようになりました。

それではまた明日。(徹夜業務にならなければですが・・・)