shota184ne.com - 人生めいいっぱい飛び跳ねよう!

32歳SE(のはず)が読書やIT系、時々ロードバイクをテーマに書いています。仕事もプライベートもより豊かになれる情報をお伝えできればと思います。

おすすめできるJava入門書の紹介

   

今回は、

個人的におすめできるJava入門書の紹介

になります。

4月からうちの会社にも新入社員が入社して、絶賛研修中です。

外部で研修をしているのですが、
あまりイケてないのか理解があまりできていないことがしばしば。

特にプログラミング言語やフローチャート、アルゴリズムについては、
まったく触れたことない子にとっては未知との遭遇。

いまやjavaが新入社員教育の定番となっているので、
個人的にオススメできるjava入門書を紹介しようと思います。

SPONSORED LINK

Java入門のロングセラー、とりあえずこれから入る人も多いはず

プログラミングをしようと思うと、
まず最初に勧められることが多いのが『高橋 麻奈さんの入門シリーズ』だと思っています。

実際に学校でプログラミングを学習するときは、これが採用されることが多いようです。

僕もこのシリーズが専門学校の教科書として活用されていました。(10年以上前の話ですが)

なので、最初の一冊がこれの人も多いはず。

この本がオススメされる理由は「やさしい」と銘打っているだけあって、
初めてプログラミングする人にもわかりやすい内容になっています。

ちょっと触って見たいな。。。みたいな素人〜入門者にはオススメです。

が、しかしです。

IT業界でプログラミングをして仕事をする人には

やさしすぎる、、、正確には知識として足りません、、、

オブジェクト指向やクラスの部分がこの本の説明では、
あとあと混乱する人が出てきます(実体験)

あと、初版から内容があまり更新されず、JDKのバージョンが古いことがしばしば。

内容をアップデートしてくれたら、もっと強く人にオススメしたい本です。

社会人・独学する人におすすめ

2017年現在で一番オススメできるのがこの本です。

実際、ここ数年、うちの会社ではこの本を教材にしています。

正直、外部の何十万とするプログラミング研修に出すより、
この本をとりあえず2周した方が良いように思います。(ここ数日間で思ったこと)

あと、Javaではあまり気にしなくてよい

値渡しと参照渡し

について触れているところもいいですね。

また、やさしいJavaにはない説明が「eclipse」というところについて、少しでも説明があること。

実際、仕事で開発をすることになれば、eclipseなり統合開発環境を使うことが多いです。

「最初からそんなものに頼るな!テキストに書いて、自分でコンパイルしろ!」

と言いたくなる人の意見もわかります。

仕事によっては本当にそんな時もありますから。

でも、プログラミングを学ぶにあたって

苦痛を感じたら終わり

だと思います。

そこで思考停止してしまいます。

最初は「楽しい」ということを感じてもらう必要があるのではないでしょうか。

なので、統合環境みたいなものが使えるなら、
積極的に使用して、
いかに楽に効率よくコードを書くかを覚えて貰った方が良いです。

最後に言いたいこと

Java入門書を2冊紹介しました。

ただ、注意してほしいことがります。

それは、必ずしも自分に合うとは限らないということです。

やさしいJavaで十分理解できる人もいれば、
すっきりわかるJava入門で理解できる人もいます。
もしからしら、両方読んで初めて理解できる人もいるかもしれません。

はたまた、これ以外の本で理解できる人もいるかも知れません。

これは相性の問題なので、一概にこれが正解とは言えないです。

なので

書店で手に取って中身を少し見て自分に合うと思ったものを購入してください!

ということです。

SPONSORED LINK


人気ブログランキングへ

 - ITライフハック , , , , ,